自然に囲まれ日々つれづれ・・・
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ハウルの動く城
ハウルの動く城
ハウルの動く城

【★★★★☆】

2004年 / 日本
声の出演 倍賞千恵子 、木村拓哉 、美輪明宏 、我修院達也 、神木隆之介

父親の帽子店で日々、帽子を作りつづけていた18歳のソフィーは、ある日、荒地の魔女に呪いをかけられ90歳の老婆になってしまった。ソフィーはハンサムだが弱虫な魔法使いハウルと出会い、奇妙な共同生活を始める。
ジブリ作品で初めて泣いたかも!
これって泣く映画?w
魔法をかける時ががすっごくキラキラしていて、とても綺麗で好きです。
サリバンのお城での魔法が1番キレイ。
荒地の魔女が弱ってからがいいキャラしてました。
ヨボヨボのおばあちゃんってあんな感じですよね。
最後の、「ワタシは何も持ってないよ」ってバレバレのウソをつく所が大好きです。そして、ソフィに感動でした。
ちょっと意味のわからないところもあったけど、ワタシはおもしろかったです。
MOVIE comments(0) trackbacks(2)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://horita.jugem.cc/trackback/225
ハウルの動く城はいままでのスタジオジブリ作品とは一風変わった物語に私には感じられました。言葉では言い尽くせない感じです。特にキムタク(木村拓也)の演ずるハウルは、強烈の個性を醸し出していて、強い印象を受けました。私にとっては、かけがえのない、大切な物語
| ネット通販徳報 | 2005/01/17 14:26 |
「ハウルの動く城」見てきました。 賛否両論ある作品だと思います。 新しい宮崎駿作品が見たい人なら、 大満足かもしれないし、 ジブリはこうあるべきだと、 今までの作品を期待している人には 不満が残るかもしれません。 ネタバレになるので書きませんが、
| 電脳サーチライト.ver2 | 2005/01/17 16:23 |
<< NEW | TOP | OLD>>