自然に囲まれ日々つれづれ・・・
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
蹴りたい背中/綿矢 りさ
蹴りたい背中
蹴りたい背中
綿矢 りさ

【★★★】

高校に入ったばかりの蜷川とハツはクラスの余り者同士。やがてハツは、あるアイドルに夢中の蜷川の存在が気になってゆく…いびつな友情? それとも臆病な恋!? 不器用さゆえに孤独な二人の関係を描く、待望の文藝賞受賞第一作
ハツにはすごく共感できる部分が多かった。
にな川に対してのハツは、何がしたいのかよくわからなかったけど、学校でのハツには特に共感できた。
ワタシだったら、にな川は危険でキモい人と思って遠ざけると思うんだよね。
なんで背中を蹴りたいん?
BOOK comments(0) trackbacks(1)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://horita.jugem.cc/trackback/230
綿矢りさ / 河出書房新社 蹴りたい背中
| 黄金の仔牛〜瀧元駱駝の偶像崇拝日記 | 2005/02/23 09:23 |
<< NEW | TOP | OLD>>