自然に囲まれ日々つれづれ・・・
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
雨の日のイルカたちは/片山 恭一
雨の日のイルカたちは
雨の日のイルカたちは
片山 恭一

【★★☆】

信じられるものを失ってしまった心。私たちに再生の途はあるのだろうか。突然死した最愛の夫には別に愛する人がいた―。深い喪失感を抱えて生きる人たちを祈りにも似た言葉で描く四篇の物語。
読んでから記事を書くのを忘れてしまって、今回は感想なしです。
短編集じゃなかったら、読み飽きて途中放棄していたかも。
DAYS comments(0) trackbacks(1)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://horita.jugem.cc/trackback/249
「生」と「死」に真っ向から対峙する、この人ならではのテーマの連作集。多少、一人語りの理屈っぽすぎる部分が強いなあ、という印象は受けて、作品としての評価は個人的にはあまり高くはないのだけれど、作者のこのテーマへの真摯な思いは伝わってきた。特に最後の「百
| 忘れられぬ風景を求めて | 2005/02/20 18:59 |
<< NEW | TOP | OLD>>